パリでこんなの、食べてます。

2015年末からパリ暮らし。パリで食べるのはフランス料理だけじゃない、あの国この国の味を求めて彷徨う、日々是、パリめしへの道。

バナナの葉でくるんだ…カンボジア料理「le Cambodge」

パリで「日本料理」といっても、正統派の和食や日本人によるラーメン、カレー、蕎麦…というのは、ほんのひと握り。のれんや招き猫を置いて赤提灯を提げた適当な、外国人がイメージする日本風の店みたいなのがあまりに多すぎる。 一方で、中華料理や韓国料理…

大満足のおひとりさま鍋と、真っ赤なスープ「Auciel」

パリに住んでいると、それなりのレストランへ行く機会もあって、もちろんどこも美味しいし写真もたまっているから、早く載せないと記憶が薄れるっていうかもう薄れている。でもそういうところはオシャレな雑誌が素敵に、絶妙な表現で紹介しているので、私は…

昼からさく飲みするならフレンチタパス「SOURIRE」

パリにタパスバーがどんどん増えているらしい。確かにタパスとグラスワインでサクッとつまんで飲める、アペロにもいいとなれば、フランス人向きだよなあと思う。 私の1番のお気に入りはかの有名「A.NOSTE」で、パリに友人が遊びにくればほぼ100%連れて行くの…

女子がこだわったモヤさまのクイニーアマン

先日、20代の女子たちが我が家に泊まりにやって来た。私がパリに来る前、10か月だけ東京に住んでいる間にお世話になった編集プロダクションで一緒だった女子たち。 1人は先日、もう1人はだいぶ前に編プロは辞めていて、後者は去年まで海外旅行のツアコンをし…

フランス来たらトリュフ食べとこ!「TRIBECA」

フランスへ来てから食べる機会が増えたものが、前述の「鴨」と、トリュフ。といっても、もちろんそんなにしょっちゅう食べるわけもなく、ただフレンチやイタリアンのメニューに普通に登場するので、たまにチョイスするだけだけど、日本より安いので、きっと…

鴨のコンフィを老舗で食す。「Canard&Champagne」

例えば、もともと憧れていたり、旅行などでたびたび訪れていた国へ偶然たまたま住むことになれば、自動的に「見たいもの、行きたい場所、食べたいものがいっぱい!!」てな具合になるのだろうけれど 私のように家族の転勤でやって来た人は(私だけかもしれな…

ヘルシー!ボリューミー!美味い!のファラフェル「L'AS DU FALLAFEL」

どういう理由かは知らないけれど、パリにはファラフェルのお店がたくさんある。特にマレ地区、移民が多いから? ファラフェルとはひよこ豆(そら豆も使うらしい)をすりつぶしたものを揚げたコロッケで、好き嫌いは分かれるけれど、私は大好き。美味しいお店…

パリでボブンに恋をした「Paris Hanoi」

歴史的なベースがあり、パリにはベトナム料理店がとても多い。マルシェでもベトナミーズのテイクアウトが人気で、私もこちらに来てから食べる機会が俄然、増えた。サンドイッチ「バインミー」が評判の店のお店もあちこちにあるし、フォーが美味しいお店もあ…

追記→北京ダック、屋台めし風「STREET BANGKOK」

ストリートフードの定義はよく分からないけれど、屋台めしというくくりでもOKらしい。パリのストリートフードといえば、バゲットサンド? でもみんなバゲットそのものをちぎってかじって歩いているから、バゲットそのものがストリートフード? 「STREET BANG…

お得すぎる肉ランチ「Biondi」

スマホに外食の写真がたまる一方…そしてまたこうやって、まとめてガーっと上げるんだなー、まあいいか個人のブログだし。 記憶力低迷中の私には自分の「パリごはんMAP」が必要なのだけれど、UPしていかないと自分が使えない。がんばれ自分。 以前、お得で人…

雰囲気も味も、また行きたくなるビストロ@「Will」

引越し準備に追われた5月。ちょっと落ち着いたので、7月以降の来客に向けて、新しいビストロやレストランに行かねば!と鼻息も荒い私。 先日、私のグルメ師匠Cさんを誘い、下見を兼ねてのランチへ。「この中で行ったことがないお店ありますか?」と彼女に連…

シーフードを好きな食べ方で「Mobilis in Mobili」

相変わらず貝が好きで、牡蠣が好きで、海老も好き。T君は海鮮は大好きだけれど「貝と牡蠣と甲殻類にそこまで愛情はない」んだそうで、私もせっかくなら貝類と甲殻類に愛情たっぷりな人と食べに行きたい。で、貝仲間の友人N登場。 ちなみに彼女のパートナーは…

トルコスープの専門店「Mardin Corba salonu」

その昔、吉祥寺の古本屋さんで、漫画家・高橋由佳利さんのエッセイ「トルコで私も考えた」を見つけて以来、ずっと愛読していることはもちろん、「いつかトルコへ行ってみたい」と思い続けているワタクシ。 パリに住むことになったとき、やったートルコ近いじ…

まさかここで、洋食ランチ「神谷バー」@浅草

一時帰国中は、人に会う回数分食べたり飲んだりして、それが続いたりすると「消化できていないところへかぶせてかぶせてー」で、体重は増え、胃は荒れる。 でも、ここで食べなくてどこで食べる?! と私の魂が叫ぶから、全てのリセットはパリの課題にして、…

パリにもあった!美味い参鶏湯!「Hang A Ri」

パリに住んで納得したことは、「中華料理」と「韓国料理」は「中国人」と「韓国人」が店をやっているから、あまり大きなハズレ(の味)がないということ。「和食」の店は日本人ではない場合が多いから、大きなハズレ(の味)があるということ。 我が家は外食…

おいしい魚、フランス風で。「BELLE MAISON」

何カ月ぶりの「パリでこんなの」。全然UPしていないけど、相変わらず結構、そこそこ外食率高し。 外食のうちわけは、多忙につき、旅行だのお出かけだのが少ない我が家では外出=外食だから。そして、友達と近況報告を兼ねての外食。 先日、コレを読んでパリ…

ご飯にのせて食べたくなったランチステーキ「L'Aller Retour」

引き続き、肉。友達が「この店人気らしい」というので、じゃあ試しにランチから~と「L'Aller Retour」へ。 とにかくパリは13時から14時前あたりまでが激混みランチタイムなので、そこを避けて行くのが正解。この時も時間をずらしていったらすごーく空いてい…

ステーキをがつっと食す。アルゼンチン料理「Biondi」

もうかなり前のことだけれど、人気のアルゼンチン料理店「Biondi」へ行ったことを。 ちなみに私が「肉」を欲するのは「体がちょっと弱っているとき(ちょっと疲れている時)」。逆に「とても弱っているとき」というのは、消化能力が落ちているせいか、肉を食…

貝炒めや海老の揚げたの、美味い中華「Le Grand Bol」@Belleville

安くて美味しいものを食べよう(飲もう)となると、絶対Bellevilleは欠かせないエリアで、そういえばこの前書いたのもこの辺りだったけど、まあいいや。 この日は荷物が重かったので、仕事帰りの友をしばしベンチで待つ。早くあったかくならないかなー。 Bel…

ひと皿ずつのこだわりが楽しいフレンチタパス「Le Grand Bain」

中華食べたりワインバーで飲んだり豆腐買ったり…と、何かと「Belleville」あたりへ行くことが多い。初めてBellevilleへ行ったのは、2年弱くらい前だったか。フランス語の学期終わりの打ち上げランチでタイ料理。 まだパリのエリアがよくわかっていない頃で「…

パスタとソースのベストバランス「La Lancetta」

「イタリアンが好き」と、ひと言でいってもいろいろあるけれど、日本人でイタリアン…パスタ(それが和風きのこスパゲッティであっても)やピザやリゾットが嫌いな人は、あんまりいないんじゃないかなあと思う。え、違いますか?もちろん、好きじゃないという…

パリで流行りのフュージョン中華、オープンしたばかりの「CAM」へ。

恐ろしいことに4か月ぶりの更新。 その間、どれだけ外食してきたか…自分の参考のためのメモのはずなのに… 2018年1月もそろそろ下旬に差し掛かるけれど、新旧織り交ぜて更新頑張ろう、自分。 最近パリは、フュージョン中華がちょっとしたブームらしい。先日、…

貝と、牡蠣と、貝と…「Juste」@9区

あるとき「わたし貝が好き」と気づいた。多分、ソウル在住時代に、牡蠣食べ放題の店へ行って、今世紀…いや、我が人生でマックス数の牡蠣を食らった、あの時に気づいたんだと思う。となると、4年くらい前か、結構最近。 ソウルは牡蠣天国、略して牡蠣パラだっ…

この満足度の高さったら…@Le 975

以前、在パリのフードジャーナリストの方と話していたとき。今、コスパの高いパリのオススメのレストランは何処?と訊ねられると「どうしても日本人シェフのお店になっちゃうんですよねえ」。彼女曰く、そのくらい日本人シェフとそのレストランの評価は、パ…

おかわりまでたどり着けるか?餃子食べ放題@Ji Bai He

フランスはパンが、生ハムが、チーズが、ワインが美味しい…けれど、私はそれだけでは暮らせない。パリで暮らしてから分かったけれど、食に関しては思っていた以上にアジア飯派だった。だから家では日本と同じく、和洋折衷の食生活。ときどき手抜きで「ワイン…

ポップなタパスバーで気楽にごはん「Nomad's」@プラスサントノーレ

パリへ引越して少し経った頃に、日本にいる父と電話していたら「フランスっていうからには、フランス料理だよな。やっぱり美味い?」と訊かれて「フランス料理…」と言葉に詰まってしまったことが。きっとみんなが頭に思い浮かべるのは、前菜からスタート、デ…

夏、期間限定の屋台でPIZZA@セーヌ川

パリはもう、秋。今日はたまたまちょっと暑かったけれど、季節は完全に秋に移行してしまった、悲しい、でも事実。 去年初めてパリの秋を過ごして、ちょっと肌寒いけれど「いいねえパリの秋」と思っていたら、間に目を見張るようなスピードで過ぎていってしま…

いつものマルシェの食材、いつものワインの、意識高い系。

こちらのブログ、ずっと止まっていたので、だいぶ前の写真が入れたままだった… パリ生活のブログにも書いていたけれど、6月に料理家・平山由香先生の「お味噌汁ワークショップ」があって、私はレポート記事執筆以外に企画、コーディネート 、アシスタントも…

出汁とうどんに癒されるニッポン人「Sanukiya」さぬき家@1区

T君は関西人なので、うどんの出汁には一過言あるらしい。いわゆる「関西風出汁」ってやつ。色は薄いが風味は濃い目、私も好きだけど実は塩分も濃いらしい。 しかし、なぜ関西人はあんなに「関西風出汁」にこだわるのか?関東風の真っ黒い出汁を力いっぱい否…

すべてがスペシャルな「L'Espadon」@Ritz Paris

気づいたら一か月半も放置していた、こっちのブログ。あっちのブログは日々更新していたのだけれど、こっちがおろそかになっていた、ヤバい、マズい。その間にも黙々と、私はパリで食べていたわけで。写真がたまっていっている…というわけで8月中に更新をか…